mrguppのブログ

2005年から始めたMIXIの日記をブログに移植しました。MIXIで使用した画像はうまいこと移動できなかったので後からひとつひとつ貼り付けています。ところどころMIXIならではのおかしな部分が残っていたらご容赦ください。


12日の朝、目が覚めると雨。
こんな雨の中を海へ出掛けるのか、、、
気分に暗雲が垂れ込めてきました。
しかし予定は予定。
気を取り直して9時には車で板橋区の家を出る。
最近は普段から時計はしていないけど、
今回は携帯電話も持たずに出掛けました。

インターネットで調べたら当座の目的の用賀インターまでは、
首都高速を利用するとこの時期80分も掛かる。
一方、お盆の時期に単純に環八を南下するのは
まさに飛んで火に入る夏の虫だ。
「上」を行くか「下」を行くか悩むところ。
バブルのころ、まだナビもなく道路地図と格闘しながら
渋滞を回避する抜け道、回り道をさがした「昔取った杵柄」で、
結局「下」を行くことにしました。
抜け道テクをフルに活用して環八を南下し、
想定していた時間よりも30分も早く用賀に到着。
何に対してかはよくわからないけれど、
なんとなく「勝った」気分で東名高速へ。
がんばった自分を褒めてあげたい。

東名高速道路では町田から流入する車が急増し20kmの渋滞。
国道16号線と接続しているからでしょうか、
他の入り口とは比較にならない量です。
おかげさまで無為に過ごす時間が50分。
iTunesで作成したオリジナルCD4枚に助けられて、
イライラすることもなくやり過ごせました。
DEPAPEPE、山弦、SINGER SONGER、真心ブラザーズは荒天のなか海に向かう気分を盛り上げてくれました。
とくに再結成した真心のシングルは最高です。

渋滞を過ぎれば、車はスイスイ走ってゆくよ。どこまでも。
こうなるとThe Band Has No Nameの「マルホランド・ドライブマーケット」。スピードが出ている時には70年代ロックのようにピタっとハマります。
目的地はどんどん近づいてくる、しかし天気はどんどん悪化する。フロントガラスに雨粒がちらほら。先が思いやられます。

沼津からは一般道へ。
短い区間の有料道路が矢継ぎ早に現われて、何だかんだと小銭を撒き上げられ、誰に対するともなく不満をぶつぶつと口にしながら走る。
朝の天気予報で見た天気図では、大きな雨雲は伊豆半島の根元まではかかるものの、半島の先端までは覆い切れない様子でした。どんどん南下してゆくとその天気図の通り、少しずつ雲の黒さが薄れてきます。
この調子でいけば「東京は大雨だけどボクの行くところはお天気」という「自分だけイイ思い」への明るい兆しが見えてきました。

曇りの様子も「どんより」から「うっすら」に変わってくる頃、道も心持ち細くなり、急なカーブが増えてくる。街道沿いに見慣れないノボリが並び始めました。
「小あじ寿司」「心太」このあたりの名物なのでしょうか?
むかしこの辺にアジ釣船に乗りに来たことを思い出しました。
道沿いの看板に加山雄三の笑顔をやたらと見掛ける。どうやら加山雄三記念館というのがあるらしい。
行かないよ、そんなの。

家から五時間。
ようやく到着したのが、岩場の岸壁に張り付くように建てられた目的のホテル。
見るからに古い設計の建物なのに外壁は妙に真新しい白で、
古さを隠そうとしたのがかえって生々しく厚塗りを浮き立たせ、時代を感じてしまう。
ちょっと場末のシネマしてるね。

フロントは六階。海につながるプールや、波打ち際に設えた露天風呂は一階という斜面の立地を活かした構造。
ボクの部屋は一階で、松の木とミカンの木を隔てて、天気が良ければ奇岩の鎮座する海が窓枠いっぱいに見える絶景。
少し視線をそらせばプールが見え、人々の歓声も聞こえてくる。
部屋風呂を見ると、さすが静岡県、お膝元であるYAMAHAブランドの浴槽でした。

着替えてさっそくプールに行こう。
外へ一歩足を踏み出したところへ、図っていたかのようにドシャッ!と雨。なんとも間が悪い。
しかしどうせ濡れてしまう身の上なら、躊躇していても始まらないのである。
パラソルの下に荷物を置いたら、体操もせずにドッボ~ン。
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、、、」
そのドシャッ!を境に徐々に天気は回復。
プールをあがってそのまま波打ち際の露天風呂へ浸かっているころには、きれいな夕陽が海に沈んでゆくのが見えました。
ああ、雨の中ずいぶんと長いコト泳いでいたものだ。

夕食は海に近い宿にありがちな海の幸満載の大量料理で食べ切れず、本意ではないが残して部屋に戻る。
テレビを見ながら寛いでいると、運転の疲労と水泳の疲れで次第にうとうと、
やがて眠りに就いていました。
*写真は六階のフロントから見える海にそびえる奇岩と手前に見えるプール




コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック